知っていますか?
ネットでお金を得る7つの簡単な方法

スポンサードリンク

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

日本は終わったコンテンツ?1人当たりのGDP、台湾に抜かれる


今回の記事は、当ブログテーマである「リッチになる」ということからかけ離れているのですが、しかし、見過ごすことが出来ない事実を見つけたので書かせていただきます。
本記事、衝撃的な記事タイトルとなっているのですが、以下のようなニュース記事を発見してしまいましたことから付けさせていただきました。




1人当たりのGDP「台湾に抜かれる日本、8年後には韓国も逆転か」-韓国

国際通貨基金(IMF)は、今年末に日本の1人当たりの国内総生産(GDP、購買力平価換算)は3万3478ドル、韓国は2万9351ドルとなる見通しを明らかにした。
台湾の1人当たりのGDPは、3万3800ドルとなり、史上初めて日本を上回ると見られている。
購買力平価は、各国の物価の違いを修正するため、自国通貨と外国通貨の購買力の比率を換算し、より実質的に評価・比較するための為替レート。


国内総生産(GDP)とは、簡単に説明しますと、国内で生産された価値の総量を示した指標となっております。
国内で生産された価値の総量ということは、経済活動が活発であれば高くなり、逆に経済活動が停滞していれば低くなります。
つまり、それは国の繁栄度を示すといってもいいかもしれません。
なお、GDPは以下の数式で表されます。


1. 生産面から見たGDP
GDP = Σ(新たに生み出された付加価値)

2. 分配面から見たGDP
GDP = 雇用者報酬 + 営業余剰・混合所得 + 固定資本減耗 + 間接税 - 補助金

3. 支出面かた見たGDP
GDP = 民間・政府最終消費支出 + 国内総固定資本形成 + 在庫品増加 + 輸出 - 輸入


GDPは以上のように、生産面、分配面、支出面、どの観点から見ても等しくなります。
これを三面等価の原則といいます。

購買力平価換算という言葉がGDPの隣りに添えてあるのですが、これは通貨価値変動による物価水準の変動を考慮しましょう、ということです。
長期の分析には通貨価値変動による物価変動の誤差が影響してくるので、その誤差を省きましょう、という狙いです。
通常、二国間以上の購買力を比較する際に使用します。

そして、このGDPをその国の人口で割った値を、一人当たりGDPといいます。
国ごとの経済状況を比較するには、一人当たりGDPを使います。
国内で生産された価値の総額ということは、国民が多い国ほど価値の生産が多い(人海戦術なんかを思い浮かべてもらえればイメージしていただきやすいと思います)ということで、単純にGDPを比較出来ませんよね。


さて、このニュース記事にはさらに、8年後の日本のGDPは韓国にも負けてしまうという衝撃的なことが書かれています。
1997年にアジア通貨危機で大打撃を受けた、あの韓国にです。
その韓国にも負けるということであるので、よっぽどのことであると思います。

ただし、本文に「今年の日本の1人当たりのGDPは、10年前の約1.3倍の水準」とあることから、現段階では、一応は経済が衰退しているということではないように見えます。
もっとも、インフレ率などを勘案したことではないので、何とも言えませんが。

今の日本はこのような状態ですが、私も、今後の日本は衰退の一途を辿っていく可能性が非常に高いのではないかと思っています。
私がこのように思う理由は、ちきりんさんが非常に上手くまとめられています。


・年功下落の時代へ!


要は、日本では少子高齢化で人口が減り続けているので、今後、国内でビジネスが成り立たなくなってくるのではないか、ということです。
極端な話、10人しか国民がいない国家と、100億人の国民がいる国家、どちらに経済の可能性を見いだせるかという質問があれば、恐らく回答者の99%が後者を支持すると思います。

また、ビジネスというものは、お客がいて成り立つものです。
お金を頂く相手がいなければ、それはビジネスとして成立しません。
そして、お金がなければ、物(価値)を生産することができません。
(インフレによってGDPを水増しすることは出来ますが)

企業の数はそのまま(もちろん、多くが倒産していくと思います)、お客は減る、、、
このような状態は、まるで椅子取りゲームのようです。

場から徐々に減っていく椅子、そしてその限られた椅子を目がけて奪い合う企業、、、
競争に敗れた弱者は市場から去るしかない。


さて、ではどうすれば日本は生き残ることが出来るのか。


私は国内に椅子がないのであれば、海外から椅子を引っ張ってくれば良いのではないか、と考えています。
つまり、海外とのビジネスを増やしていく。
現在の日本の英語力は140カ国中、130位であるという現状がネックとなりますが、、、

しかし、実は英語が出来なくてもビジネスは工夫次第で行うことが出来ると思います。
今はITインフラが整った時代であるので、ネットを介せば、言語の壁は軽く突破できます。
また、あらかじめ図面などで決まり事を作っておけば、英語が出来ないということによるバイアスは軽減されると思います。


今回、国家の経済のことを少し書かせていただいたのですが、最近読んだ「自殺島」という漫画が、この内容と被る箇所があったことから面白かったので最後に紹介させていただきます。





物語は、自殺志望者が集められた無人島で、主人公と仲間がサバイバル生活を行っていくものです。
「十五少年漂流記」やウイリアム・ゴールディングの「蠅の王」と同じような内容なのですが、しかし、「自殺島」は生き残るために食べる、ということで物々交換、社会のルールの形成などの経済の基本を垣間見ることが出来るような気がします。


…このような作品のレビュー記事は、当ブログのテーマである「リッチになる」から外れてしまうことから当ブログでは書けないのですが、近々、私の考えや思想を書き綴っていくサイト(ブログ)を一つ立ち上げようと思っています。
拙文ではあると思いますが、もし読んでいただけるのであれば幸いに思います。

 

抱き合わせ商法を暴く!なぜ人は抱き合わせ商法に弱いのか。


世の中には抱き合わせ商法というものがあります。
よく私も引っかかってしまいます、、、

例えば、車に余分なオプションを付けて買ってしまったり、結婚式なんかでも余分なオプションをどんどん付けていったり、、、


本来の抱き合わせ商法とは、購買意欲をそそるメイン商品と、それと全く関係はない商品とを一緒に販売することを言って、そしてそれは違法なことなのですが、今回は、もうちょっとラフに意味を拡大解釈して使っています。

今回、記事で取り上げるのは、ようするに、本筋商品に割高なオプションがついても、なぜ人はそのオプションごと購入してしまうのか、ということです。


ここで、今回の紹介させていただく記事では以下の質問が投げかけられています。


あなたは、以下の場合に、映画のチケットを買いますか?
なお、映画のチケットは前売り券、当日券ともに1,000円とします。


・映画の前売り券を持って映画に行ったが、映画館に着いたとき、そのチケットは手元になかった。

・1,000円札を持って映画館に出かけた。映画館についたとき、その1,000円札を紛失していた。
(幸い、小銭で1,000円は持っている)


どちらのケースも同じ1,000円という金額を失っています。
しかしながら、この質問を多くの人に行っ結果、圧倒的に後者のケースには映画のチケットを買うという回答が多かったようです。

これはなぜでしょう。
同じ1,000円を失っているにも関わらず、人は後者のケースにはチケットにお金を出してしまう、、、

実は、この結果が、抱き合わせ商法によって人の心理がどのように動いているのかを説明してくれます。


シカゴ大学の行動経済学者Richard Thaler氏は、メンタル・アカウンティング(mental accounting、心の会計)という言葉を提唱しました。
人は、同じ金銭であっても、その入手方法や使途に応じて、(時に無意識に)重要度を分類し、扱い方を変えていることをThaler博士は、メンタル・アカウンティングと呼んでいます。


先ほどの映画チケットの例では、前者のケースには、映画館で新たに購入する映画チケットの価値を、失った映画チケットの価値と合算して2,000円としてしまいます。
しかし、後者のケースには、失った1,000円札は1,000円として、新たに購入する映画チケットの価値とは別価値と捉えてしまいます。

このような心の会計が、人の無意識下で行われていようです。

この結果、前者のケースでは、2,000円で映画を観るのは、、、と躊躇ってしまう。
一方、後者のケースでは、映画チケットの価値は1,000円であるので、何も考えずにチケットを購入する。


抱き合わせ商法(本来の意味の抱き合わせ商法には別の心理術が働いていますけれど)も、ここで働く心の会計を利用した心理術が使われています。

いったんお金を払うと決めてしまった場合、そしてその本筋商品が割安だった場合には余計に、無意識の心の会計が働いてしまい、新たに別の機会にそれを購入するコストが割高に見え、そしてオプションを付け加えることの方が割安に見えてしまうのです。
数々のオプションの値段が、一つの商品ということで一括りにされるのだから、、、

何か商売を始める場合、このように抱き合わせ商法というのは、犯罪でない範囲内で用いるのであれば有効だと思います。


・心の会計:人はなぜお金を非合理的に使うのか

 

『稼いでいる人が20代からしてきたこと』…リッチになるためにやるべきこと


「稼いでいる人が20代からしてきたこと」という西山照彦さんが書かれた本の内容が、簡潔に書かれていた記事を発見しましたので、紹介させていただきたいと思います。

この「稼いでいる人が20代からしてきたこと」ですが、よくある自己啓発本の類のような雰囲気をタイトルから漂わせています。
しかし、この本は、一般的な自己啓発本のように根拠のないデータから構成されいるのではなく、アンケート調査の結果が多くの項目でバックボーンとなっているようです。

よく見かけるのですが、

「心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる。」

という言葉があります。

心のあり方が人生を最終的に変えてしまうということなのですが、しかし、私は習慣が心を変えてしまうこともあると思います。
環境によって人の性格が決まってしまう例がいくつもあるからです。
例えば、DVの被害を受けた子供はDVを働く人を好きになるそうです。


さて、「自信を持つことで人生が変わる!公開!絶対的な自信を手に入れる7つの方法!」という記事にあるのですが、人の性格とは肉体的な要素に左右されています。


多くの場合、水の流れ道は決まっています。
これは物理的な制約から生じた作用です。
物理的の流れやすい流れ道に水は流れます。
このように人の性格も、例えば、怒りっぽい脳の神経回路を持っている人は、どうしても怒りっぽいのです。

このような自分の肉他的特徴から発生した性質(作用)を急に変えるのは、ブラック・ジャック先生の脳手術であれば可能かもしれないのですが、通常は絶対に不可能です。
徐々に変えていくしかありません。

意識していれば、脳の神経回路は別の流れに変わります。
水の流れと同じで、頻繁に他の流れ道に水を供給していたら、その流れ道がスタンダードに変化するのです。


その肉体的な要素は、もちろん先天的なものもあるのですけれど、後から環境や習慣によって変化するものもあります。

例えば、プロ野球選手のイチローや松井、ダルビッシュなんかは、生まれたときから今のような筋肉やスキルを持っていたわけではありません。
鍛えて練習をしたからこそ、今の筋肉やスキルを持っているのです。

人の性質や性格も、恐らくこのような仕組みになっています。
つまり、成功する人は、そういった成功する脳の神経回路を持っているのです。


そして、それは習慣からも作られる。


このことから、「稼いでいる人が20代からしてきたこと」によって、そういった習慣が解って、それを実行したならば、それは成功するための脳の神経回路を構築することに繋がるのではないでしょうか。

記事では、以下の7つが、この本のポイントとして挙げられています。


1. 異動は飛躍のチャンス

2. 出世する人の3つの共通点
・自信因子
・戦略因子
・調整因子

3. 稼ぐ人は前倒し派が多い

4. 「ネガティブフィルター」でものごとを見る人の簡単な改善法

5. 本は汚しながら読む

6. 稼ぐひとはアウトプットを意識している

7. お金の動きから世界を見る



よくまとめられている記事でした。
参考にさせていただきたいと思います。

あらゆる情報が氾濫して、とても全部を得ることが難しい時代、このように有益な情報をまとめてくれている記事があると助かりますね。


・社会人なら押さえておきたい『稼いでいる人が20代からしてきたこと』

スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

kazu

Author:kazu
FXで資金を16倍にした経験があります。

心も経済もリッチになれるように、いろいろ情報を分析していきたいと思います。

あわせて読みたい
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。