知っていますか?
ネットでお金を得る7つの簡単な方法

スポンサードリンク

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

「16歳で起業して4年間やってきて思うこと」を読んで


「16歳で起業して4年間やってきて思うこと」という記事があったので読んでみました。

筆者は、子供の頃からビジネスに関心がる人物だったようです。
何でも、10年くらい前の筆者が小学生の頃には、当時まわりで流行っていた遊戯王カードを十数枚ほどランダムに寄せ集めて封をしたオリジナルパックを、近所や学校の友だちに200円か300円で売っていたとか。

私には小学生にしてこの発想はできなかったし、この発想ができる筆者は商売の才能のある人のように思いました。
また、読み進めていくといろいろなことが書いてあるのですが、筆者の頭の良さが解ってきます。


そんな記事ですが、私のような才能のない凡人が読んで気づいたことを徒然と書いていきたいと思います。
私がこの記事を読んで重要だ思ったのは、以下の二つです。


 1. 自分の得意いなこと(好きなこと)でしか成功することはできない。

 2. 投資は重要。


まずは、1.の「自分の得意いなこと(好きなこと)でしか成功することはできない。」について書きます。

最近、橘玲氏の「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」というものを読んだのですが、人は思春期を過ぎたら、何をしようが変わることできない、ということが書いてありました。
「人は変われる」といった根拠のないことを言っている自己啓発とは真逆のことを言っているようですが、これには様々な裏付けがあります。

まずは、人の特性が決まるメカニズムを簡単に紹介したいと思います。


1. 生まれ落ちた瞬間に、遺伝子により、その人の得意分野、不得意分野が決まっている。

2. 物心が付いた幼少期に、同世代で形成されたコミュニティー(幼稚園など)に参加する。

3. 例えば、絵が上手ければ、もっと絵が上手くなって周りから認められたい、などと、その得意な分野を好きになり、その分野の能力を高めることになる。

4. コミュニティーの中でメンバーそれぞれ得意な能力を持つ中、論理能力、言語能力が一番高い者がリーダーとなる、、、のようにコミュニティーのポジショニングが決まる。

5. そのコミュニティーが解散して別のコミュニティーを形成しても、経験したことのあるポジションを元に、新たなコミュニティーで同じようなポジショニングをしてしまう。

6. 度重なるポジショニングによって、その人の特性が固定されてしまう。


要するに、長年、決まったことをやっていれば脳がそれに特化した脳になってしまい、それ意外のことは不得意になってしまうことから、その人独特の特徴が出来てしまうようです。

例えば、

A : 昆虫採集が好きな人
B : 料理が好きな人

とあった場合、「赤」というキーワードをトリガーに頭に閃くアンカーは、Aは「夕日」、Bは「トマト」と異なったものになることを想像するのは容易です。
これは単に好みの問題ではなく、もう、これが好きという物理的な脳の回路の問題なので、恐らく、簡単には修正できない性質となっています。

例えば、優しい人は優しい人の脳の構造(セロトニンが分泌されやすい)をしているし、怒りっぽい人は怒りっぽい脳の構造(アドレナリンが分泌されやすい)をしています。


このような前提で、今回の記事を読んでいくと、ある箇所で「やっぱり、、、」と思う部分がありました。


中でも、「自分が一番興味があることしか、結局は情熱を注ぐことはできない」といった気づきは今でも大事にしています。
たとえ利益が出るからといって興味のない分野に進んでも、結局はダメなんです。


恐らく、前記した通りのことだと思います。
「自分の好き(興味のある)なこと = 得意なこと」であり、たぶんその分野でないと、人は良い結果が出せないのだと思います。

このことから、人は、余分な分野のことをやるのはなるべく避けた方がいいのかもしれません。
効率が悪いので時間の無駄のように思います。
1やって1しか結果が出せない分野で頑張るのではなく、1やって10の結果が出せる分野で頑張るのです。


さて、次は2.の「投資は重要。」ということについて書きます。

投資は人生において絶対に重要なファクターです。
投資とは、自己投資も金融投資もひっくるめます。

投資、すなわち未来に向けて進む、ということです。
未来に向けて進むことをしなければ、それは暗い小道の中、進まずにうずくまっていて、永久に暗い小道を抜けることができないようなものです。
とりあえずでも歩くことが重要なのです。

ちなみに私は、金融投資は、実は自己投資の一部であると認識しています。
お金が儲かる以上に、多くのことが学べるからです。

例えば、この世に絶対はない、ということが学べます。
この世の全ては可能性、なのです。
そして可能性は事象の根源ほど、標準偏差がバラつかなくなります。
しかし、リターンは少なくなる。

…そういうことが解ってきます。

金融投資を含め、出来る限りの様々な経験を積んで、また小説や漫画、web記事、映画などを楽しんで、自己投資を積み重ねていくことが重要に思いました。


・16歳で起業して4年間やってきて思うこと

関連記事
スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

kazu

Author:kazu
FXで資金を16倍にした経験があります。

心も経済もリッチになれるように、いろいろ情報を分析していきたいと思います。

あわせて読みたい
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。