知っていますか?
ネットでお金を得る7つの簡単な方法

スポンサードリンク

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

仕事を先送りしそうになったら自問する7つの質問

師匠も走るように忙しいということから師走といわれる12月、、、
私も、なかなかに忙しい毎日を送っております。
そんな忙しい中、私は、ついついやらなければならない仕事を先送りしてしまう傾向があるようです(汗)




仕事に限らずですが、常に物事には優先順位と、そのゴールの明確な線引きが必要となってきます。

期限に余裕のある仕事を先にやるよりは、期限が差し迫った仕事を先にやった方がよいですし、また、既に完遂している仕事に、調整などでいつまでも取り組んでいるよりは、他の仕事の遂行進度を上げることに時間を費やした方が合理的で効率的なように思います。

この二項目を徹底すれば、時間を捻出することができ、次のビジネスに着手することができます。
つまり、それは富を生み出す可能性が高くなることを意味します。


さて、今回紹介する記事には、仕事を先送りしないことについての記事です。
この仕事を先送りしないということは、先ほど申し上げた効率よく仕事を進めることでもあります。
記事では、先ほどの二項目に立ち返る上でも役に立つ、7つの自問すべき質問が紹介されています。

自問すべき質問として挙げられてるのは以下の通りです。



  1. タスクをもっと小さく分解できないか?

  2. 今やろうとしていることは、つまらなくないか?

  3. 「忙しさ」に逃避しようとしていないか?

  4. やるべき「設定」をやっているか?

  5. 見積もり時間が、短くないか?

  6. なにかの締め切りが間近か?

  7. 感情的な問題を引きずっていないか?




2の項目で、「今やろうとしていることは、つまらなくないか?」ということが挙げられていますが、この項目について書かれていることは大変参考になりました。

どうしてもやらなければならないことは、「楽しいこと」と「楽しくないこと」に大別されます。
誰でも「楽しくないこと」に着手すれば、どうしても普段の能力が発揮できないことから効率が悪くなってしまいます。

そこで推奨されているのが、いつまでに終わらせるという期限を作ることです。
これによって集中できるようになるようです。

これは納得しました。
確かに楽しくないことでも、時間がないときには集中して終わらせてしまっています。
おそらく、時間がない、ということで無意識に思考がフル回転して、どうにか終わらせようと集中してしまうのではないか、と思います。


いろいろと参考になる記事でした。


・仕事を先送りしそうになったら自問する7つの質問

関連記事
スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

kazu

Author:kazu
FXで資金を16倍にした経験があります。

心も経済もリッチになれるように、いろいろ情報を分析していきたいと思います。

あわせて読みたい
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。