知っていますか?
ネットでお金を得る7つの簡単な方法

スポンサードリンク

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2010年、ネット広告費が新聞上回る見通し 米国で

本記事のタイトルにあるように、2010年は、アメリカではネット広告費が新聞上回る見通しのようです。
それだけネットを使う人が増えてきたことを意味しているような気がします。




実は日本も、まだまだネットを使う人は多くありません。
最近、起業しようとする様々な人にお会いする機会が多いのですが、年配になればなるほど、そして女性ほどネットに苦手意識を持っているようです。

逆に、70歳でもネットをバリバリ使ってビジネスをされている方もおられましたけれど、、、


この事実が指し示すのは、おそらく、まだまだ日本にはネットによるビジネスの可能性があるのではないかということです。
「アフリカの靴売り」の話ではないですが、このネットに触れていない人達に、ネットの良さを認知させることができたら、もっと市場が広がるでしょう。


私が思うに、日本でネットが広がらない理由の一つに、アメリカほどネットの必要性が少ないことがあると思います。


アメリカであると、街と街が、RPGゲームのように離れています。
そうしますとコミュニケーションというものが取りにくくなります。
そうしますと、安価にコミュニケーションを取ることが出来るネットが必要になるわけです。

ところが一方、日本は街と街が密接しています。
このことから、日本では、特にネットがなくてもコミュニケーションを取りたい人と簡単にコミュニケーションが取れてしまいます。
また、日本人は島国の民族であるため、どちらかというと大陸の民族よりも閉鎖的なところがあり、なかなか自分からコミュニケーションを取ろうとする人が少ないように思います。


このような現状が変われば、日本でもいつかは、ネット広告費が新聞の広告費を上回ることが起こりうるのではないでしょうか。
このことから今回の記事は、ITはまだ伸びる産業であることを示唆しているように思います。


・2010年、ネット広告費が新聞上回る見通し 米国で


関連記事
スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

kazu

Author:kazu
FXで資金を16倍にした経験があります。

心も経済もリッチになれるように、いろいろ情報を分析していきたいと思います。

あわせて読みたい
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。