知っていますか?
ネットでお金を得る7つの簡単な方法

スポンサードリンク

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

日本の会社と仕事

似たようなことが書かれた記事を3つ発見しましたので紹介させていただきたいと思います。
本ブログ記事タイトルにもなっている、日本の会社と仕事のことです。




まずはこちら。

・「お金のために会社にしがみつく」自分に嫌気が差す瞬間 夢や希望を共有できなくなった企業と働く個人のすれ違い


会社の仕事に興味を持てずに、お金を稼ぐためだけに働いている、、、となってしまった人の話です。

これについては、収入源に楽しさを求めるのは間違っている、という指摘もできるのですが、しかし、この指摘は生活の中に自分の時間を確保できてからの話です。

大抵の場合、特に記事中の相談者の場合、大企業で家族を養って、、、とあると、給料も多く、そしてその給料に見合うだけの仕事を与えられます。
見合うだけの仕事、となると、ほとんどが自分の生活の大部分を仕事に費やすために、自分の時間が取れないのではないでしょうか。

現在の日本では、多くの人の生活が、仕事仕事と時間と体力を切り売りして、働くために、働かされるために生きているようになっているのではないか、と心配してしまいます。


…ちょっと紹介記事の趣旨からズレた意見を書いてしまいましたけど、、、(汗)


しかし、どうせ個人の時間をむしり取るのであれば、それなりに楽しい仕事を会社は用意すべきだと思います。
与えられたことばかりで生産性のない仕事ばかりであると人は疲弊します。
人の脳は、常に新しい情報を求めますから、、、
(ドーパミンの分泌など、実はこれが人のモチベーションの原理であるのですけれど、これを書き出すと本が一冊書けてしまうので割愛します;汗)



次は、私の大好きな橘玲さんのブログからです。

・日本人はなぜ自殺するのか?


衝撃的なタイトルです、、、
しかし、日本人の自殺者は年間3万人を超えるそうで、アメリカの自殺率11.0%、イギリスの自殺率6.4%と比較すると、日本の自殺率は実の24.4%ということらしいです。

近年、日本人の終業形態に関しては、欧米から入ってきた「市場原理主義」が悪で、日本に昔からある「年功序列と終身雇用」が善とされてきています。
「市場原理主義」によって自殺者が急増したと言われています。

しかし、「市場原理主義」が盛んな欧米では自殺は日本に比べて低いです。
先ほどの理屈が成り立つのか、という話をされています。

面白いです、、、



最後は、この記事です。

・仕事のバランスより精神バランスを正常に保つ努力をしよう


仕事仕事で肉体も精神の健康も損なわないように、という記事です。
仕事で疲弊しないコツが書かれています。



さて、これらの記事から言えるのは、今の日本というのは行き場がない疲弊ばかりの社会であるということではないでしょうか。
最後の記事で、その緩和法が紹介されていますけれど。

それらに押しつぶされないように自由な生活を手に入れていきたいものです。

関連記事
スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

kazu

Author:kazu
FXで資金を16倍にした経験があります。

心も経済もリッチになれるように、いろいろ情報を分析していきたいと思います。

あわせて読みたい
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。