知っていますか?
ネットでお金を得る7つの簡単な方法

スポンサードリンク

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

労働環境の悪い日本

日本企業の夏休み日数と世界の企業の夏休み日数を比較したデータがありました。
予想の通り、日本企業では、世界の企業よりも夏休みが少ないようです。




以下が、その比較データになります。


1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 2010/11/29(月) 08:38:54.02 ID:jUfTTHzS0
>世界の夏休みと日本の夏休み比較
>オーストラリア・・・1ヵ月半 スペイン・・・・・・・1ヶ月
>スウェーデン・・・・年齢に応じて25日から32日
>オーストリア・・・・35日
>フランス・・・・・・・5週間+労働時間が半分になる日が2週間
>ポーランド・・・・・46日 ※10年以上働いてる人は+10日
>ドイツ・・・・・・・・・最低33日・最大37日
>イタリア・・・・・・・最低32日・最大42日
>ノルウェー・・・・・平日だけで25日
>
>日本・・・・・・・・・5日



なるほど、この記事のコメントが荒れるのも解ります。

しかし、日本企業の方も人材を雇えないことから、やむなくこのようになっているのだと思います。
雇われている方は、このような労働環境であることから、働く意欲が湧かない。
そうすると、それは売り上げになかなか結びつかない。
すると、会社はもっと社員を頑張らせなければならない、、、

そのような負に向かった無限ループが発生しているような気がして仕方がありません。

日本は世界と比べて、労働者を保護する仕組みが張り巡らされているようです。
そのため、雇用側は自由に労働者を解雇できない。
そうなると、雇用側は雇用に慎重になり、なるべく少数精鋭で会社を回したくなる。


今後の日本には、いろいろ課題が多そうです。


・こんなに労働環境が悪いのって日本だけだろ

関連記事
スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

kazu

Author:kazu
FXで資金を16倍にした経験があります。

心も経済もリッチになれるように、いろいろ情報を分析していきたいと思います。

あわせて読みたい
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。