知っていますか?
ネットでお金を得る7つの簡単な方法

スポンサードリンク

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

月収3万円でもJill Stuartのサングラス(1.5万円)を買うブータン人

今回はブータンという国の経済の話です。
最近、よく名前を耳にすることが多くなってきたような気がする、あのブータンです。




ブータンでは、お金の使い方が日本の、いえ、世界の常識とは異なっているようです。
タイトルにあるように、月収3万円でも余裕で1.5万円の買い物をするとか。
そうしますと、月の収支は必ずマイナスになるのですが、これはブータンではおかしくないことのようなのです。

不足分はどこでまかなうかというと、借金や貯蓄ということでした。
消費は収入の範囲内で、という概念がないようなのです。

執筆者は、このような金銭感覚を、いずれバブルが弾けて大変なことになると危惧しています。
例えば、仕事がなくなれば、信用から成り立っているローンを返済できなくなり破産、、、ということになります。


執筆者の言われていることは確かにそうです。
しかし、私はブータンのような金銭感覚、実は幸せなのかな、と思いました。
お金のために生きていないですよね。
あくせくと、お金のために生きている世界の人々、、、
それに引き替え、ブータンの人々は生きていることがナチュラルなような気がしました。

本当のリッチとは、このようなことなのかもしれません。
…最近、テレビで見たブータンの人々は皆、生き生きとした顔をしていました。


・月収3万円でもJill Stuartのサングラス(1.5万円)を買うブータン人

関連記事
スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

kazu

Author:kazu
FXで資金を16倍にした経験があります。

心も経済もリッチになれるように、いろいろ情報を分析していきたいと思います。

あわせて読みたい
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。