知っていますか?
ネットでお金を得る7つの簡単な方法

スポンサードリンク

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

少しの行動で効率良くスキルを伸ばす方法


久々の更新になります。
一週間に一回は更新したいと思っているのですが、体調を崩したことと忙しくしていたことがあって、なかなか更新することができませんでした。

しかし、風邪でダウンしている間にドル円が85円を付けているのには驚きました。
風邪で頭が働かないことからポジションは手仕舞っていたので利益も損失もないのですが、もしもトレードを行っていたら、阪神大震災の例から円が買われると予想していたので大損をしていたと思います。
今の状況は何が起こるか解らないことから、トレードを控えるのが吉かもしれませんね。


さて、本題に入りたいと思います。
少しの行動で効率良くスキルを伸ばす方法です。
この記事は以下の記事を読んで考えてみました。


・熟練した職人さんは毎日違うことをしている


私は、お金持ちになることは、時間さえあれば誰でも可能であると思っています。
単純な話、人よりも多くバイトをすれば、他の人よりも多くの賃金を得ることができます。

例えば時空に歪みが生じて、ある人にとっての1日が、普通の人の倍の48時間となったとしたらどうでしょうか。

普通の人が1日フルに働いて24時間、、、
時空の歪みの影響を受けた人が1日フルに働いて48時間、、、

賃金に2倍もの差が生じてしまいます。
さすがに時空の歪みなんてものが現実に発生する可能性は限りなく0に近いのですが、しかし実は近いことが世の中には起きています。

同じ行動を行ったのにも関わらず、人によって習得出来るスキルレベルが異なる現実があるということです。
同じ時間を使っても得られるスキルレベルが異なるのであれば、低いスキルレベルしか習得できなかった者は、そのスキルを使ってお金を得ることに対して出遅れることになります。


時は金なり、、、
昔の人は上手い言葉を残したものです。


では、スキルを効率よく伸ばす方法はあるのでしょうか。
これが、先に挙げた記事で議論されている内容です。
記事では、以下のように、少し繰り返すだけで成長する人と何度繰り返しても成長しない人の特徴を挙げられています。



☆少し繰り返すだけで成長する人

1 何でも興味を持つ
2 自分から取り組む
3 失敗を認め、教訓を引き出す
4 教訓からエラーを予防する策を実行する
5 今までを活かして新しい未来を語る。  

★何度繰り返しても成長しない人

1 何にも興味を持たない
2 自分からは取り組まない
3 失敗を認めず、失敗を無かったことにする
4 エラーは予防しない、というよりできない
5 今までに固執して古い過去を賛美する。



要するに何を行うにも目的意識が重要ですよ、ということです。
この目的意識が宙ぶらりんであると、確かに同じ時間を使ってスキルを磨くに当たっても、その時間は空回りしてしまいます。


…と、よくある自己啓発にあるような内容ですね。
勝間女史などが本で書かれていそうな内容です。

本当にそうでしょうか。
意識を変えるだけで、本当にスキルの習得が効率的になるのでしょうか。


少し前に「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」という橘玲さんの本を読みました。
この本を読んで私は、「誰でも頑張れば同じ結果を出すことができるんだ!」という前向きな考え方に疑問を持つことになりました。

恐らく、この考え方が突き詰めれば「出来ない人は努力していないからだ」という結論に達すると思います。
…知的障害者の方が出来ないのは努力していないからでしょうか?

知的障害者は特別だろ、というお叱りの言葉をいただきそうですが、そう単純な話ではありません。
全てのことに対する閾値なんて曖昧で、単純に0と1を分けるような問題ではないのです。
0と1の間にも無限にポイントは存在します。
ルートのような無理数が存在しますから。
(少しエグい話になるのでわざと解りにくく書いてます。)


とにかく、人が意識を変えて頑張れば、同じように誰でもスーパーマンになれる、というのは幻想です。
なれる人もいれば、なれない人もいる。
そして、多くはなれない。

これが現実です。
この現実を認めない人が鬱病になっていきます。
…ビジネスである甘い自己啓発の言葉を信じて。

多くは遺伝子と生活環境で決まってしまうのです。
いくら頑張っても無理なものは無理なのです。


…という結論で終われば、この記事のタイトルが内容と矛盾してしまうので、ここから私の見解を述べたいと思います。
人が少しの行動で効率良くスキルを伸ばす方法というものは、確かに存在すると私は思っています。
その一つが、、、


優秀な人の元に弟子入りする。


その人の現状や能力は、遺伝子もあるのですが、生活環境に寄るものもあります。
生活環境においての自分の遺伝子が導き出した最適化が「現在」なのです。
「現在」とは社会的ポジションであったりスキルであったりします。

そういう風に脳の回路が構築されてしまっているのです。
だから、同じ刺激に対して同じシグナルがその回路に走るようになっている。
同じシグナルがその回路に走るということは、同じ思考方法しか出来ないようになっている。

つまり、ここで記事タイトルの答えを書くことになるのですが、効率良くスキルを身につける脳の回路を手に入れれば、それは可能となる。
それを手に入れるのに、それを持っている人と同じ生活環境で生きることは有効であると思います。

人の脳は、反復することで構造が変わってくる(少なくとも電気が流れる回路は変わる)と思っています。
優秀な人と同じ環境で過ごすということは、その優秀な人の脳の働きを模倣し反復し、そして徐々に同じような脳の回路が構築されていく可能性があります。
もちろん、遺伝子が合わない可能性もありますが。


まとめますと、少しの行動で効率良くスキルを伸ばすには、それが出来る人の脳構造を模倣しろ、ということです。
本当はもう少し掘り下げて書いていきたかったのですが、長くなり過ぎたので、このようなテーマで書くことがあればそのときに回します。

関連記事
スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

kazu

Author:kazu
FXで資金を16倍にした経験があります。

心も経済もリッチになれるように、いろいろ情報を分析していきたいと思います。

あわせて読みたい
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。