知っていますか?
ネットでお金を得る7つの簡単な方法

スポンサードリンク

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

株価、円の価値は今後、どう進むのか


先週は、日本では未曾有な規模な大地震が東北地方を襲いました。
一週間経った現在、現地に住んでおられる方の話では、復興は確実に進んでいるということですが、しかし
テレビの報道を見る限り、大震災が残した傷跡は根深いように思います。

日本のメディアでは、日本国民を不安にさせないためか、過剰な被害の報道は行われませんでした。
海外のメディアの報道を見ると、その被害は相当なことが解ります。



映像では田畑が津波に飲み込まれていることから、今後、国産の食料品は値上がりする可能性があります。
また、ここで円安になんかなれば、海外からの輸入にも頼ることができません。

私は、福岡という安全な地に住んでいて、直接的なことは何も出来ないことが申し訳ないのですが、せめて何かの役に立ちたいと思い、献血と募金、チャリティーに参加させていただきました。
そして、こんなときだからこそ、自分の出来る限り働くことで日本経済を回して、間接的に被災地を援助できれば、と思います。
また、投資を行うことも日本経済を回すことになり、被災地の間接的な援助になるのではないかと思っております。


今回のブログの更新では、私が作りました投資総合情報サイトから、投資をされている方に役立つ記事を2つばかりピックアップさせていただきたいと思います。
今回のブログタイトルにあるように以下の二点について書かれています。

・今後の為替動向
・今後の株式市場

紹介させていただいている記事では、今回と同じように大震災のあった1995年の阪神・淡路大震災の為替、そして株式市場の動きが分析されています。
阪神・淡路大震災の際と今回とでは、海外の経済状況が異なるため(1995年というとwindows95がリリースされた年で海外の経済はITによって右肩上がりであった)、それをそのまま今回と同じ結果となるとは思わないのですが、しかし過去を知っておくことは、投資を行う上で重要なことです。


・阪神大震災の後のことを思い出して・・・・ +東京電力


為替に関しては、円が復興に使われるということから、円が買われて円高になったようです。
今回も一時的に76円を付けました。
世界各国が日本経済自体に大打撃を与えないようにと、円売り協調介入を行う動きがあるのですが、それでもそれが行われた金曜、81円から80円前半にまで円が買われました。
しかし今回は、阪神・淡路大震災の際と異なり、原発事故の汚染があり、また関東地区の停電があるので日本経済にとってマイナス面が強いことから、円安方面にいつでも振れるリスクが常にあります。

短期的には円高に振れるのかもしれませんが、しかしながら今回の件でここ最近の円高劇場は終わるのではないかと私は考えています。
米国経済も大きな不安を抱えていますが、、、


・その時、株価はどう動いたか?


株式市場に関しては、やはり株式は売られたようです。
震災の復興から内需拡大の可能性もあることから、当時、もしかしたら株式は買われるのではないかと思ったのですが、でも、消費者の消費マインドが冷え込むことから日本の経済は停滞してしまったようです。
しかし、「人の噂も75日」という諺もあるように、およそ75日後には反発したとのことです。


再び、日本全体が笑顔でいられる日が早く訪れることを心の底から切に願っております。
そのためにも私はいろいろ頑張ろうと思います。

関連記事
スポンサードリンク

スポンサードリンク
プロフィール

kazu

Author:kazu
FXで資金を16倍にした経験があります。

心も経済もリッチになれるように、いろいろ情報を分析していきたいと思います。

あわせて読みたい
レコメンデーションエンジン
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。